ご挨拶

肝胆膵外科では、肝臓、胆道(胆嚢・胆管・十二指腸乳頭部)、膵臓、そして十二指腸と脾臓の疾患の治療を行っています。

  • 肝臓の疾患:がん、良性腫瘍、嚢胞、肝内結石症、肝不全など
  • 胆道の疾患:がん、良性腫瘍、ポリープ、胆石、胆嚢炎、胆管炎、先天性胆道拡張症など
  • 膵臓の疾患:がん、神経内分泌腫瘍、良性腫瘍、嚢胞、膵炎など
  • 十二指腸の疾患:がん、神経内分泌腫瘍、GISTなど
  • 脾臓の疾患:がん、良性腫瘍、脾機能亢進症、特発性血小板減少性紫斑病、遺伝性球状赤血球症など

治療手段は手術だけではありません。当センターでは化学療法、放射線療法、塞栓療法、ラジオ波焼灼術などを組み合わせた治療を行います。さらに私たちは治療だけに留まらず、診断、術前検査、手術適応の判断、そして緩和療法も含めた総合的な診療を積極的に行っています。病気だけでなく病気に罹った患者さんを全人的に診ることによって、それぞれの患者さんに最適な治療を提供することを目指しています。

肝胆膵の手術は難度が高いものが多いのですが、当センターでは豊富な経験数と高い技術によって安全で精度の高い手術を提供しています。特に腹腔鏡下肝胆膵手術のレベルの高さは世界的に知られており、国内外より多くの外科医が見学研修に訪れています。